ウーマン

うつ病患者さんへの接し方を知っておこう|何気ない一言に注意

食べ物でも改善できる

悩む男性

うつ病の方が家族或いは、友達にいるのなら、食べ物にも注意が必要ですので、知っておくといいでしょう。例えば、食べ物が豊富にあると、夜な夜な冷蔵庫を漁ってしまい過食症または、過食嘔吐になってしまうケースもあるので、買い置きは控えるようにしましょう。反対に、ご飯を食べても食べても吐いてしまう拒食症を招いてしまうケースもあるので、こちらも注意が必要といえるでしょう。だからといって好きなものばかりを与えても栄養バランスが崩れ、更に症状が悪化するなんてことにもなりかねません。ですので、いつもと変わらない接し方をすることが大切といえるでしょう。何故なら、豪勢な食事や当人だけメニューが違うと、家族に負担をかけてしまっていると思い、更に落ち込んでしまうからです。そうならないためにも、いつもと変わらない接し方を心がけるようにするといいでしょう。

こちらの病気の主な症状として何もないのにイライラしてしまうといった状態が長く続くので、食事をだす際は、イライラを押さえる効果のあるものを積極的に取り入れるといいでしょう。特に、味噌汁に使う味噌や豆腐に多く含まれている「セロトニン」は、抑制効果が倍増ですし、バリエーションが豊富なので、毎日だしても飽きることなく食べられるので便利な食材です。また、どこのスーパーでも簡単に手に入れられるので、早速今日から試してみるといいでしょう。更に、イライラを押さえると同時に向上心を高めるパワーも秘められているので、一石二鳥となっています。こういったことを知っているだけで、いつもと変わらない接し方をすることができ、回復を見込めるようになるでしょう。

現実逃避をしたくてついついアルコールに手をだしがちになってしまいますが、うつ病患者の場合はほどほどを心がけばければなりません。そうでないと、アルコール中毒になり、回復するどころか、更に悪化して手の施しようがなくなってしまうのです。ですので、どうしても飲みたい場合は、一日一杯だけやアルコール度数の低いものだけを与えるようにするといいでしょう。何事もほどほどが大切ですので、うつ病患者の家族がアルコールを飲んだ形成があったなら、注意しておかなくてはなりません。しかし、いつでも監視できるほど暇が無い場合は、仕事や外出先から帰ったら一緒にお酒を飲んであげるといいでしょう。そうすることによって、患者さんにも不満を与えることが軽減されるのです。

うつ病の一種に不眠症という辛い病気があるので、カフェイン摂取は極力控えるようにするといいかもしれません。カフェインは眠気覚ましになるので、飲むなら夜よりも朝がベストです。ですので、コーヒーや紅茶を飲むことが日課の方には朝食のパンと一緒にだすのが正しい方法と言えるでしょう。眠るという行為は、頭の中の記憶を整理し、嫌な思い出を排除する役割もあるので、不眠症だけは避けたいところです。また、眠れないとイライラする原因にもなってしまうので、回復を望んでいるなら摂取を控えるようにするといいでしょう。このように、うつ病患者の食事や飲み物の接し方を少し工夫するだけで、改善することが可能なので、今すぐトライしてみるべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加