うつ病の基本接し方について知ろう

うつ病患者さんへの接し方を知っておこう|何気ない一言に注意

食べ物でも改善できる

悩む男性

食べ物や飲み物を少し変えるだけでうつ病患者の症状を改善することが可能になっています。また、こちらの病気は他の病気を引き起こしてしまう場合があるので、接し方を見直しておくといいでしょう。

もっと読む

高齢者にもある病

カウンセリング

若い方が多いイメージのあるうつ病ですが、実は寝たきりや仕事をリタイアした高齢者にも多く見られるのです。また、その中にはものを失くしたと思い込んでしまう方もいるので、接し方に注意するといいでしょう。

もっと読む

お互いを思いやる

メンズ

キッカケが思い当たらなくてもうつ病になってしまう方がいるのも事実です。そのような場合は接し方を変に変えるのではなく、いつも通り気さくに話しかけてあげるといいでしょう。

もっと読む

言葉の重みを再確認

医者と女性

うつ病患者の多くが責任感が強く、真面目な方が多くいるので、安易になまけているとはいえないのです。また、真面目な方が多いので、「頑張ろう」という言葉が一番キツイ言い方に聞こえてしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。そして、もし言ってしまっても「一緒に」など言葉を付け足すだけで楽になってくれるのです。ですので、患者さんと寄り添うような発言をするのがベストです。突き放したり、プレッシャーをかけるような言葉は絶対にやめましょう。それでも、どうすればいいか接し方が分からないという方は、自分が辛い時に友達や家族などにいわれて嬉しかった言葉を思い出して伝えると効果的です。

この病気の原因は一つに絞れないことが厄介です。ですので、原因追及をしてしまうと、うつ病患者だけでなく、自分をも追い込むことに繋がってしまうので、極力究明しようとしないのが鉄則といえるでしょう。そうではなく、回復することだけを考え、接し方に気を配る必要があるのです。完全に回復するまでには多大な時間や費用がかかってしまいますが、根気よく続けることで治すことができるでしょう。ですので、うつ病になったからといって深く悲しむ必要もありません。ヨーロッパでは、特に精神病に関して進んでいるので、そちらの情報を探ってみてもいいかもしれません。できるだけいつもと変わらない接し方で、一人じゃないことをアピールすると効果的です。

うつ病になってしまうと、時に外出することさえ困難になってしまい、自分のことに無関心になるので、身なりを整えない方が多くいることでしょう。また、患者さんを無理矢理家から引っ張り出すように外へ連れ出すと返って悪化させることがあることを知っておくといいでしょう。患者さんは繊細になっているので、言葉や目に映る風景や雑音全てに敏感になっています。通りすがりの人が笑っているだけなのに、自分が笑われていると思ってしまう方もいるくらいですので、接し方には細心の注意が必要になるでしょう。そういった場合は、本人の気分や体調、意思を優先することが大切です。ですので、本人が外に出たいといってくれたら、まずは人気の無い公園などに赴くといいでしょう。

こちらの病の危険なところは、自分で物事を考えられなくなり、正しい判断ができなくなってしまうことといっても過言ではないでしょう。そして、ほとんどの方がネガティブな発言や考え方しかできなくなっているので、安易に選択を迫ることは止めた方が無難です。先ずは、仕事が辛いなら辞めるのではなく、有休などを利用して長期休暇を取ってみるように勧めるといいでしょう。また、夫婦のどちらかがうつ病で別居や離婚を迫られている場合は、相手を落ち着かせて抱きしめてあげるといいかもしれません。そうすることによって、安心することができ、自分は必要とされていると再認識することが徐々にできるようになるでしょう。このように、接し方一つで相手の心を癒すことができるので、身近にうつ病患者がいるのなら、相手を思いやる気持ちを忘れずに接するべきです。

このエントリーをはてなブックマークに追加